マンチカンとは

マンチカンは英語のmunchkin(マンチキン)が名前の由来であり、見た目の短い足と小さい体が特徴の猫です。マンチカンの種類が血統書の登録期間に認定されたのは1995年でありまだまだ新しい猫の品種です。短い足は遺伝子の突然変異であり、特に病気を持っているわけではありません。そのころんとした可愛いビジュアルが愛くるしいとして今大人気の猫種なのです。

マンチカンの性格は穏やかというのが大きな特徴です。人間に対しても優しいですし、猫同士でも相手に優しくすることができるタイプであるので、多頭飼いもしやすいです。また、好奇心旺盛なのも特徴です。活発なのでおもちゃで遊ぶことも好きですし、他の動物や人間と一緒に遊ぶことも好きです。そのため、猫でありながら犬に近いところもありくっついて来てくれる人懐っこさも見られます。

人懐っこく甘えん坊で好奇心旺盛でありながら、留守番については心配なくできるのも特徴です。頭が良く聞き分けが良いので、外出している間にもいたずらをすることなく過ごすことができるのです。ただし、子猫の間はいたずらをすることもありますからいたずらされそうなものは隠しておいたり、しつけをしっかりしておく必要もあります。