スコティッシュフォールドとは

スコティッシュフォールドは、前に折れた耳が特徴の猫であり、人気ランキング1位と紹介されることも多い猫です。耳が折れているのは突然変異で起きたものであり、この猫はスージーという名前をつけられて育てられていました。スージーの子供の中にはまた垂れ耳の猫が出て来たため、その後アメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアと、このスージーの子孫との交配種が品種改良を繰り返す中で、1994年にスコティッシュフォールドと認定され流通することになりました。

スコティッシュフォールドの性格として、甘えん坊というのがあります。人懐っこいですし、来客のような見ず知らずの人にも寄っていくのが特徴です。このような甘えるタイプであるために猫として飼いやすいと感じる人が多いです。ただし、人とのふれあいが好きなタイプであるために、あまりにも長時間飼い主が家を空けていたり構ってもらえない時間が長くなったりするとストレスフルになりやすいので気をつける必要があります。

また、運動量が少ないのも特徴です。家の中でもあまり暴れないのでマンションでも足音を気にせず飼うことができるのが特徴です。これも人気を集めている理由の一つです。

マンチカンとは

マンチカンは英語のmunchkin(マンチキン)が名前の由来であり、見た目の短い足と小さい体が特徴の猫です。マンチカンの種類が血統書の登録期間に認定されたのは1995年でありまだまだ新しい猫の品種です。短い足は遺伝子の突然変異であり、特に病気を持っているわけではありません。そのころんとした可愛いビジュアルが愛くるしいとして今大人気の猫種なのです。

マンチカンの性格は穏やかというのが大きな特徴です。人間に対しても優しいですし、猫同士でも相手に優しくすることができるタイプであるので、多頭飼いもしやすいです。また、好奇心旺盛なのも特徴です。活発なのでおもちゃで遊ぶことも好きですし、他の動物や人間と一緒に遊ぶことも好きです。そのため、猫でありながら犬に近いところもありくっついて来てくれる人懐っこさも見られます。

人懐っこく甘えん坊で好奇心旺盛でありながら、留守番については心配なくできるのも特徴です。頭が良く聞き分けが良いので、外出している間にもいたずらをすることなく過ごすことができるのです。ただし、子猫の間はいたずらをすることもありますからいたずらされそうなものは隠しておいたり、しつけをしっかりしておく必要もあります。